【原宿】”カルチャー×うどん”を見事に体現する話題の本格讃岐うどん専門店『麺散』

日本のカルチャーの発信地原宿に2018年9月に突如オープンしたのはなんと”うどん専門店”。PLAN.netでも以前紹介させていただいた「delifucious(デリファシャス)」の発起人がプロデュースする今話題のうどん屋とは一体どんなお店なのか。実際に体験してきました!

Today’s shop


『麺散』

今回ご紹介するのはうどん専門店「麺散(めんちらし)」さん。
店頭の黄色いワゴンが目印。店頭では「だし巻き卵ドック」を専門で販売しており、散歩がてらに手軽に楽しめるフードも提供しています。しかしながらワゴンが出汁巻き卵を彷彿とさせるのは気のせいでしょうか。

店名の「麺散」とは伝統的な刺青のデザインの一つである「面散」からインスピレーションを受けてつけられたとのこと。
外壁には漆器の破片が敷き詰められ、店内には畳が吊るされていたりと、和のテイストが前面に感じられます。

なんと「麺散」ではかけうどんが450円で提供されています。神宮前という一等地ではありえない価格設定です・・・。
原宿でおしゃれかつリーズナブルにうどんが楽しめるということもあり、長蛇の列ができるのは言うまでもありません。

Today’s Order


『ちく玉天うどん ¥800』

可愛らしさと男らしさを兼ね備えた「ちく玉」と言うワードについつい惹かれてしまいます。
あっさりかつ奥ゆかしい旨味の出汁が五臓六腑に染み渡る・・・。
「打ちたて・切りたて・茹でたて」から成る3たての讃岐うどんの抜群のコシ、そして揚げたての天ぷらのサクサク感、プリプリ歯応えのちくわ、もちろん半熟のトロトロ玉子、どこをとっても幸せしかありません。
余談ですが、玉子天に関してサクサクに揚がっているのに黄身がトロトロというギャップに筆者はロマンを感じて止みません。


『牛すじねぎ丼』

食欲の赴くがまま、正解が確実に約束されているご飯ものも合わせてオーダー。
プルフワの牛すじはうどんの出汁で味付けされているのか意外とあっさりしていますが、その分牛すじの脂の甘みが最大限まで引き出されています。ここに思わず玉子天をライドオン・・・。あとはご想像にお任せします。


『紅しょうが天 ¥150 とり天 ¥250』

皮肉なまでに天ぷら欲は満たされることなく、追加でこちらもオーダー。追い天しやすい価格なのも嬉しい限り!
ここまでくるとお酒を飲みたくなってしまいましたが、なんとか我慢することができました。

Today’s BGM

永遠とディープファンクが流れるうどん屋さんが他にあるでしょうか。
テキサスのマイナーレーベル「ZUMA」からリリースされたこちらの曲はかなりJBマナーに沿った踊れる一曲!
ヘビーなリズムと冴え渡ったホーンが完璧なグルーブを生み出しています。「麺散」のカルチャー感がやはりBGMからも伝わってきます。

まとめ

カルチャーとうどんを見事に掛け合わせた前代未聞のうどん専門店「麺散」。
原宿駅から徒歩7分の好立地で絶品の讃岐うどんを450円から楽しむことができます。
記事内にはありませんが、個人的には讃岐うどんのコシをより感じることのできる冷たいうどんもおすすめです!

《店舗情報》
『麺散』
住所:東京都渋谷区神宮前6丁目13-7
電話:03-6427-9898
営業時間:11:30−23:00 (LO22:30)
※火曜日定休

〈参考〉「麺散」をもっと知りたい方へ

・TABI LABO
「原宿」に誕生した話題の「映える」うどん専門店 https://tabi-labo.com/289191/harajuku-menchirashi

・HOUYHNHNM
【FOCUS IT.】渋谷と原宿の間に誕生した、ファッショナブルなうどん屋。 その名も麺散!https://www.houyhnhnm.jp/news/200128/

最後に

読者の皆様のリクエストにもお答えしたいと考えておりますので、気になるアーティスト、テーマ、飲食店などがあれば、CONTACTもしくはp.l.a.n.contactus@gmail.comまでご意見、ご感想を頂ければ幸いです。また、読者様の疑問や質問に答えたいと考えておりますので、投稿へのコメントも大歓迎です。これからも引き続きよろしくお願いいたします。

by Soichi Inaba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です